一般社団法人パーフェクトヘルスコーチング協会はパーフェクトヘルスコーチング(PHC)を修得することによって人生を向上させる人財の育成を目的とします。

2025年問題

1947~1949年生まれの、いわゆる団塊の世代と呼ばれる人々が高齢化を迎える一方、健保などの支払い手となる現役世代(生産年齢人口)は、少子化が進むとともに減少しています。

75歳以上の後期高齢者人口が日本国民の1/4に

特に団塊の世代が75歳を超え、後期高齢者数が約2,200万人に膨れ上がると予想される2025年には、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になると言われています。医療費総額は、実に54兆円に達する見込みです。これが「2025年問題」と呼ばれる、日本の国家的な危機なのです。

社会保障費用の負担が1:2になる

高齢者(65歳以上)1人に対して生産年齢人口(15~64歳)が何人で負担するか?

1965年<胴上げ型>高齢者1人に対し生産年齢人口9.1人
2012<騎馬戦型>高齢者1人に対し生産年齢人口2.4人
2050年<肩車型>高齢者1人に対し生産年齢人口1.0人

低い出生率と諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行して年金等厳しい社会保障費負担の社会到来が予想されます。

社会保障財政バランスの崩壊

これまで国を支えてきた団塊の世代が給付を受ける側に回ります。

医療、介護、福祉サービスへの需要が高る
高齢患者が病院に殺到
医師不足
必要な医療を提供できない
病院のベッドの取り合いが始まる

自宅に代わる新たな介護の住まい(サービス付き高齢者向け住宅)
⬇︎
賃料が高くゆとりのない高齢者は入居しづらい
⬇︎
格差社会

平均寿命を延ばすよりも健康寿命を延ばす必要性

平均寿命と健康寿命の差は介護が必要な状態といえます。
その介護の最も多いものは「認知症」です。
認知症になる確率は生活習慣病が原因となります。

生活習慣病は日本人の死亡原因の実に6~7割を占めてます。
医学の発展によって平均寿命は上がりましたが、健康寿命は上がってはおらず、平均寿命と健康寿命の差(約10年間)は介護が必要となります。

特に健康寿命を超えると認知症になる確率が高く、介護を余儀なくされる状況とります。認知症、脳血管性認知症の予備軍である、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化症などの生活習慣病はその温床になっています。

生活習慣病の原因は、生活習慣にあります。
生活習慣とは食や運動だけではなく、活動する時間や時間帯、場所によって異なるストレスなど個々に異なるものです。

パーフェクトヘルスコーチングは、
今、そのとき、その瞬間に、自分自身またはその人のバランスの変化を見出すことができれば、病や不調になる前に、対処ではなく、原因を解決することが可能となります。

>パーフェクトヘルスコーチング®

パーフェクトヘルスコーチング®

豊かな日常を暮らすためには心身ともに健康で豊かでありたいものです。自分自身では大丈夫と思っていても、もしかしたら、身体や心のバランスにほんの少しの兆候が現れているかもしれません。パーフェクトヘルスコーチは、その些細な兆候を見出すスペシャリストです。 その兆候を知ることにより、もし、健康を害す前に予防できたなら…。また、体調の回復や、病の回復も自分自身感覚だけではなかなか分からないとき、パーフェクトヘルスコーチングによって兆候を見いだし、予防できたなら、健康で豊かで活力に満ちた日々を暮らすことができることでしょう。パーフェクトヘルスコーチングは今、その時、その瞬間の、自分自身またはその人の不調や病の兆しや可能性を見いだし、心身のバランスの改善するための食や休息、活動の量や生活習慣の改善をアドバイスするものです。